スケジューリング

会社設立のスケジュールを立てる

会社設立の手続きに慣れている人は、プロの業者以外はいないでしょう。プロなら1週間くらいで何とかなるそうですが、普通の人であれば順調にいっても1ヶ月くらいは見ておくのが良いです。
会社の役員が自分一人だけなのであれば手続きは簡単ですが、複数の人が関係してくるのであれば書類も増えますから、スケジュールも長めに考えておかなければなりません。

会社設立のスケジュールを立てるためには、まず確実に時間のかかる部分を把握しておく必要があります。
手続きそのものは定款の認証手続きと登記申請の手続きの二つですから、書類をきちんとそろえておけば短時間で済ませることができます。
定款の認証手続きを行った後に、資本金の払い込みを証明できる書類を作成し、そして登記申請の手続きをすれば良いですから、手続きだけなら非常に短時間で済ませることができるでしょう。1週間もあれば十分です。

定款の認証と登記申請が終われば会社設立は完了したことになります。
登記申請を行った日が会社設立の日として登記簿に登録されます。この時点で完了したことにはなるのですが、色々な手続きをするためには登記簿謄本が必要となります。
そのためには2週間くらいかかるのが一般的です。

例えば、銀行口座を開設しようと思えば登記簿謄本が必要となりますから、登記申請が終わったからと言ってすぐに開設する事はできません。
登記申請をするときには、登記の完了日を教えてくれます。この日になれば登記簿謄本を取ることができるようになりますが、その期間はまちまちです。

だいたい2週間くらいです。登記申請を行ってから2週間くらいは何もできないと考えておきましょう。

会社設立をするためにもっとも時間のかかるのが構想を練ることです。どのような会社にしたいのかを考えるのに時間がかかるのです。
会社名を決めるのにも時間はかかるでしょうし、取締役を何人にするのかについても時間をかけて考えなければならないでしょう。定款の作成に時間がかかるという人もいるようですが、実は定款の作成に時間がかかるのではなくて、定款に記載する内容を決めるのに時間がかかるのです。
具体的にどのような会社にしたいのかが固まっていれば、定款の作成には時間はかかりません。
ですから、会社設立をしようと思ったときには、まずどのような会社にしたいのかを具体的に考えていかなければなりません。これをしておけばスケジュールはかなり短くなります。