株式会社設立の条件

株式会社設立の条件はとくにありません


会社設立をするためには、以前はいろいろな制限があってハードルが高かったのですが、現在では条件はかなりゆるくなっています。会社法が施行されたことによって制限が緩和されたのです。

もっとも大きな緩和は資本金に関する条件です。かつては有限会社を設立するためには最低の資本金が300万円、株式会社を設立するためには最低の資本金が1,000万円と定められていたのです。

これがもっとも大きなハードルだったと言えるでしょう。1,000万円というと普通の人にとっては大きな資金ですから、それが理由で会社設立を諦めた人もいたでしょう。

現在では資本金に関する制限は撤廃されています。ですから、資本金が100円でも1円でも会社設立をすることはできます。

実際に資本金が100円しかなければ経営をすることは難しいですし、社会的に信用されなくなりますから現実的ではありません。それでも例えば100万円くらいあればある程度は運営できますから、これくらいの資金で会社設立ができるのですから、ハードル墓成り下がったと考えられます。

取締役に関する制限も緩和されました。過去には株式会社を設立するためには取締役は3名以上必要でした。ですから、必要もないのに親族に取締役になってもらうということが中小企業では普通に行われていたのです。

制度が現実から乖離していたと言えるでしょう。会社法が作られたことによってこの制限がなくなり、取締役は1人で良くなりました。他の役員も必要ありませんから、株式会社を1人で設立することができるようになったのです。

ですから、会社設立をするための条件と言っても、特に何かあるわけではありません。会社設立をするだけであれば非常に簡単だと言えるでしょう。

費用的なものを考えれば、30万円くらいが必要となりますから、30万円と資本金を準備することと、手続きにかける時間を確保することが会社設立をするための条件となります。つまり、やる気になれば誰にでもできる事で、普通の人なら特に条件はないとも言えるでしょう。

ただし、業種によっては制限がある場合もあります。許認可を得るために資本金の規制があったり、あるいは定款の事業目的に制限があったりします。

ですから、許認可の必要な事業を行うときには注意が必要です。管轄しているところに確認しておかなければなりません。会社設立の前に確認しておかなければならないという点に注意しておきましょう。