必要書類色々

会社設立の必要書類について


会社設立をするときには、まずその意思があることを示さなければなりません。それが発起人会議事録です。

発起人とは、会社設立をしようと言い出した人のことを指します。複数の場合もありますし一人の場合もあります。
発起人が設立するに当たって、どのような会社を設立するのかを発起人議事録によって決定します。これは必要ではない場合もありますが、必要な場合もあります。
後から提出を求められることもありますから、発起人議事録は作成しておきましょう。なお、発起人が一人の場合には、発起人設立事項決定書を作成することになります。

次に定款を作成しなればなりません。公証役場提出分と法務局提出分、そして会社保管用の3部が必要となります。定款は必要書類の中でも最も重要なものの一つです。

モデルとなるものを参考にするのも良いでしょう。定款の認証を受けるときには、発起人全員が公証役場に出向かなければなりませんが、このときにはそれぞれの印鑑証明書が必要となります。

一人だけが出向く場合には、それぞれの印鑑証明書と委任状を持って行く必要がありますから、発起人のそれぞれに依頼して作成や取得してもらうようにしましょう。

会社設立をするときには出資をしなければなりませんが、このときには発起人の一人の通帳に振り込むのが一般的です。

振込をして、そしてそれが分かるようにコピーをとります。以前は証明書を発行してもらわなければならなかったのですが、現在ではkピーで証明できます。

次に登記申請書類を作成することが必要です。会社とはルールでしかありませんから、定款が認証された時点で誕生したものと考えられますが、これを国に認めてもらうのが登記申請です。

登記簿に記載されることによって、初めて認められることになり、これで会社設立が完了したことになります。

会社設立に必要な登記申請関係書類としては、まず申請書があります。そして登録免許税分の印紙を貼った台紙が必要となります。

そして、認証を受けた定款が必要となります。それとともに、OCR用申請用紙と印鑑届出書が必要となります。

これらの書類を法務局へ提出し、受理されれば会社設立は完了です。ここでは株式会社についての必要書類を説明しましたが、合同会社の場合には定款を作成することは必要ですが、認証の手続きは必要ありません。

ですから、法務局で登記申請を行うのがメインで、必要書類も登記申請のための書類を全てそろえれば良いのです。